Teen Town Blues #4

Pocket

午後の自由が丘は人でごった返していた
ミシムは高校時代からの友人である小宮と待ち合わせたカフェに入ったが満席で席が空くのを待っていた
店の入り口にある柱に寄りかかり目を閉じサカモトのドラミングを脳内に流してリズムをとり他の楽器や言葉をイメージしていると肩をポンと叩かれ我にかえった

オールドリーバイスのデニムにサンダル、スカイブルーのソニックユースティーシャツにもかかわらず蝶ネクタイをしている
髪は黒く両サイドを短く刈上げモヒカンではないが1980年代初頭にヴィヴィアンウエストウッドのモデルにもなったBOW WOW WOWのギターの人みたいだ。
一つ一つのチョイスは良いのだがトータルすると無茶苦茶なファッションセンスだ
「お待たせ」… 小宮だった

床はペルシャ絨毯風なカーペットが敷き詰められ二人にはちょっと大きめな一枚の木で組み立てられた釘を使用していないテーブルが用意された
アイスクリームみたいに溶けそうな暑さだったためかお互いに「とりあえずビール」とハッピーアイスクリームしたので笑ってしまった

小宮はIT系ベンチャーである程度成功し子会社も含めると4〜5社の代表でもある
渋谷区の桜ヶ丘の高層マンションに一人で住み今では時間の融通もきく
お互いに尊敬してはいるがカッコイイとは思っていない
十代の頃の関係というのは不思議なもので社会的な価値観をチャラにする下地のようなものがある

長い付き合いでも濃厚な時間がなければ核心を突く話にはならないが多感な時期を過ごした仲間ならではの言葉にせずとも通じ合う呼吸にも似た空気は失われないものだ
この時期に体験したことは誇張されたり湾曲したりもするが一生忘れないことが多くその後の人生を大きく左右する
ただお互いに笑いたいだけなのだが女性のような頭の回転と違い男達は回りくどい話をたくさんする

この日もそうだ
お互いの近況報告を始め社会情勢、政治から思想に至るまでユーモアを交えながら意見交換をした
勉強になった気もしたがそれはほとんどが気のせいのような気もする
ミシムには人生にとって大切なことはほんの僅かだということを知っていたしそのどうでもいいことが豊かさを育むことにも気づいていた

すっかり夜になりディープな街が顔を出し始めると遊びも好みのお店も変わる
小宮と別れ彼は渋谷にある小さなお店に立ち寄った
そこではアナログ盤でTalking HeadsのRemain In Lightがほどよい音量で流れていた
強靭で繊細なリズムにループされたようなミニマルなリフレインが繰り返される
お酒のせいもあるだろうがサカモトのリズムが脳内でリンクした

マスターとロックの話をしていると知った顔が二人で入ってきた
「ウィース」とお互いにハイタッチした
そろそろ帰ろうと思っていたがもうひと笑いすることにした
きっと楽しい夜になるだろう

Teen Town は眠らない

m