I shop therefore I am

20130108_054032.jpeg

昨夜仕事の合間に近所の友人から連絡があった
お腹も空いていたし気分転換にファミレスで待ち合わせ
近況をいろいろと話してくれた
昨年末からパーティーの誘いを受けていたが時間も合わなかったからいい機会だ

中目黒界隈の話から始まりテンポ良く会話が進む
最近はすっかりヒップホップ系のパーティーに馴染んでいるらしい
その場所はカウンターカルチャー色が強くよりストリート感覚の世界なのでテレフォンショッキングに出るような人も身近なようだ

面白おかしく話してくれるのでこちらは聞いていて飽きない

女性が化粧品の話をするように
男性も靴の話をする人が多い
特にそのての人はスニーカーに特別な思い入れがあるようだ

そんな話をしながらもたまに的を獲たことを言ってくれる

そのうちi-phoneでDJを始めた
もちろんファミレスの喧騒の中で迷惑がかからない程度の音量でね
画面にターンテーブルが出てきてめちゃくちゃ面白い
これなら急にDJ以来があってもデータさえ入れておけば対応できる

作り手としてちょっぴり複雑だけどこれが現実なんだ
そう考えるとLIVEの重要性をより感じる
その日その時その場所でしか共有できない感覚
ROCK BANDの強みはそこにつきる

帰りながら常に何らかの形で情報が入ってくる環境にいることに気づいた
安心して自分は今後更に音楽オタク化して行くだろう

みんな自分である為にお金も時間も情報も…消費していくのだ

そして笑顔が生まれたらいいね!

LOVE&PEACE

☆鈴木マサミ☆

POP MUSES

20130106_010808.JPG

子どもから老人に至るまで綺麗な人が随分増えた
今では考えられないが
僕は子どもの頃夏に洗濯を干している上半身裸の老女を見たことがある(笑)
田舎に住んでいたからかな
子ども心にショックで自分の母親には何時迄も女性でいて欲しいと思った
子どもも家に引きこもっていた子は少なかった
たいてい外を走り回っていたものだ
現代社会が物騒になったり
日本人の侘び寂びも含めた常識も随分変わった
鼻を垂らしながら遊んでいる子はあまり見かけないし
男女問わず個性を活かした年齢の積み重ねをしている
僕はそれに肯定的だ

こんな記事を読んだ
「ミューズにしてもモナリザのような深みも大人の女性も知性も求められていない」
という内容で現代女性が表層化白痴化して記号のように感じるということだ

が決してそうは思わない
むしろ自分らしくありたい
若々しくいたい
美しくなりたい
そしてフィジカルの重要性に気づく人もいるし情報処理能力に長け知性を磨いている人もいる

時間に追われる日々の中で自分を見失うことを忘れないように
美容だけではなく
趣味 楽しみ 息抜きを見つける
みんなそのための時間を作る努力もしている
「瞬間」を生きるのに長けてきている

「分人」という考え方もあるが
家庭 会社 恋人 友人…一人の人間でもいろいろな顔がありトータルして個は形成されているということだ
確かに人により印象はそれぞれ違うが当たり前のことだ
太古からそうだったに違いない

音楽に置き換えてみよう
それぞれの土地に根付いた音や言語は確かにある
それを「ドレミファソラシ」で括ったヨーロッパのクラシックは偉大だ
ひとつの基準を作った
ロックの歴史はたかだか60年くらいだからエンターテイメントの中でも新しいものだ
ネット社会になり急激に時代のスピードが加速し
最早最先端などないほど情報は溢れている
自分が自分でいるためには嗅覚や実体験で音楽を作っていくしかない
後は好みの問題だ
この類の話になるとよく出るのはラモーンズというバンドだ
1974-1996 までひたすら8ビートを刻み続けた
着ている服も変わらなかった
まるでアメコミのようなイメージのまま休むことなく作品を作り続け世界中を飛び回っていた
そして主要メンバーは誰もこの世にはいない
ラモーンズの手法や生き様が是か非かは好みだ
音楽性が高いわけでも技術力があったわけでもない
個人的には誰にも真似できないことをやったバンドだと思う
極める観点が独自でそれを貫き通したことを評価している

ミューズというと女性限定になってしまうけど
男女限らず「今」を活きている人々を支持します
自分もそうあるよう精進します

では アディオス

☆鈴木マサミ☆iPhoneから送信 ⌘

4strings

20130105_042716.JPG

このお正月はテレビをよく観た
バラエティ番組が多かったのでよく笑った
MCや漫才コントのネタは質の高いものも多く何気に世相を斬っているし
売れっ子と言われる人達のコメント力には感心しました
スタジオはもちろん
視聴者にどう伝わるかまでを把握しているんですね
それは「空気を読む力」をコントロールできることにも繋がります
自分にもそのようなユーモアのセンスが欲しいな
もっと楽しい人生になるに違いない

今日はベースの4本の弦について言葉を充ててみました
あくまで僕の主観です

1弦 LOVE
音程的に一番高い音がでる
ベースの中でも聴き取りやすいので
表情を出す時に多用します
2弦 SMILE
低音からオクターブ上に充当する
ユーモラスなフレーズには欠かせない弦です
リズムを跳ねさせたりメロディの終焉への経過に使うことが多いです
3弦 HAPPY
プレイする曲によっては最も使用頻度が高い弦で音も太いです
ローフレットの2弦を使えば運指が楽な曲でもスライドさせてこの弦を使うことがよくあります
すると同じフレーズでも説得力が増すことが多々あるからです
4弦 PEACE
この弦がベースと呼ばれる所以になっているのでしょう
ROCKではギター中心の曲が多いので
キーがEまたはAが多いです
そのキーの基本になる音がこの弦から始まります
まさに土台(ベーシック)ですね

最近はトーン(音質)も柔らかいものを好みます
以前は暴力的な音やエフェクティブな音だったのですが
今はシンプルに
その楽器の良さを引き出すようにプレイします

ライフスタイルも同様です
思考もシンプルに本来の自分らしく生きていきます

では アディオス

☆鈴木マサミ☆iPhoneから送信 ⌘

やっちまった(笑)

最近お気に入りの洋服の事を書こうと思って写真をアップ

CDを聴き入って写真の意味が不明に(笑)

また機会を窺って書きまする〜!

マサミ☆

iPhoneから送信 ⌘

WINTER of 2013

20130104_041652.JPG

2013.1.3
やっとお正月を迎えた気がしました
昨夜から今日は何もしないと決めていたので
開放感を満喫
昨年末から出ていた唇のアレルギー症状も治まったようです
人間の体は良くできていて疲労の限界を教えてくれますね

今夜は四国のお土産にいただいたお酒「炙りいりこ酒」をお燗にし
セットになっているいりこ(片口いわし煮干し)を入れていただいています
アルコール分13%で香りを楽しめるのですが
なんとも上品な「和」のテイストと情緒が感じられてゆっくりと味わえます
いつもありがとうございます

鮎の甘露煮があったのでそれを肴にしました
風情があってなんともいい気持ち

こんな夜にはジョニ ミッチェルの歌声がよく合います
「ミンガス」というアルバムを引っ張り出して聴きました
この作品と「シャドーズ アンド ライト」というライブアルバムは姉妹のような作品でセットで聴くのがいいでしょう

彼女はいわゆるROCKの人ではありませんが
知性溢れる作風や芸術性の高い言葉の数々に僕は魅了されます
画家としても写真家としても知られていますが
それはDIY精神から生まれた産物だと思います
曲提供もしており
映画いちご白書の「サークルゲーム」や時代を象徴するCSN&Yの「ウッドストック」は知っている方もいらっしゃるでしょう
「ロックの殿堂」入りもしてますし
グラミー賞も9回受賞していますが
日本での認知度はいまひとつなのはちょっぴり残念です
そういう僕も評価したのは随分と大人になってからです

何事もリアルタイムにフィットするとはかぎりません
すべての物事は思い通りにもなりません
人生はすれ違いや誤解の連続です

一時の感情に押し潰されず個々の羅針盤を持って素直に行動して行けば自ずとユートピアに辿り着くでしょう

今夜のジョニはそんな事を耳元で呟いてくれました

目が覚めれば新しい日が始まる
明日からまたアクティビストとして行動するぞ!

世界中の人に LOVE&PEACE

☆鈴木マサミ☆iPhoneから送信 ⌘